社会保険労務士が医療機関で働く際に求められる資格

社会保険労務士が医療機関で働く際に求められる資格

社労士に推奨されるWライセンスとして行政書士が挙げられます。
しかし、医療機関にとって許認可の必要性が発生するのは開業と法人になるときくらいで、行政書士の資格があっても大きなメリットにはなりません。
どのような資格が求められているのでしょうか?

医療機関では、事務の重要度が高まっている

一昔前までは、病院の事務は医師が自らやったり、看護師が仕事の合間にやっていたりするものでした。
最近、専門の事務員を雇えば補助金が出るようになり、事務職の重要度が高まっているます。

ある程度の規模になれば給与計算などをする専門の事務職が必要になるので、社労士資格が活きることになります。
しかし、社労士資格を持っているような賃金の高い専門家を何人も雇う余裕のあるところは多いわけではありません。
会計の専門家となれるようWライセンスの取得が重要になります。

FPや医療事務を取得していると仕事がしやすい

会計の専門家には会計士がありますが、会社法で言う大会社ではないので会計士の資格までは必要ありません。
中小企業と考えても一般的な中小企業とは異なるので中小企業診断士も相応しくありません。

簿記の知識や税務の知識はあった方が良いでしょう。
出来れば税理士ということになりますが、開業したばかりのクリニックでもない限り取引のある税理士はいるのでそこまでは必要ないことになります。

社労士に求められるWライセンスのおすすめは2つあります。

1つ目は、医師のライフプランの相談に乗れるようにFPの資格がおすすめです。社労士試験で学んだことを活かせるので、通信教育を利用すれば問題なく資格を得ることができるはずです(参考:フォーサイトのFP講座)。

2つ目は、診療報酬請求事務能力認定試験です。あまり有名な資格ではないのですが、医療機関の事務専門家に欠かせない知識に関する試験になっています(参考:フォーサイトの診療報酬請求事務能力認定試験講座)。

次のページで概略を見てみましょう。


NEXT>> 社会保険労務士を活かして医療系で働くなら医療事務を取得しよう

>>働きながら社労士の資格を取得するには勉強法のコツがある!?